お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

お正月の知識あれこれ

お正月に関する知識を集めてみました。お正月のあれこれにはいろいろと意味があるものが多く、文化を知る上でも興味深いですね。

スポンサード リンク

正月事始めとすす払い-大掃除の由来-
正月事始めは12月13日。お正月を迎える準備を始める日とされています。神社仏閣のすす払いもこの日であることから、大掃除をはじめる日としても有名です。大そうじとお正月事始めの由来をご紹介。
年取り魚-東西で違うお正月になくてはならない魚-
年取り魚とは年神さまを迎えるに当たっていただく「年取りの膳」の必需品、東では鮭、西ではブリが主流です。
どんど焼き(左義長)
どんど焼きの解説。どんど焼きすなわち左義長とはどういった行事なのか?その意味合いなど。
正月飾り(しめ飾り・門松)の意味と飾り方
お正月のしつらえの中でも外に飾るので特に目立つのがお飾り(しめ飾り)と門松です。その意味とはどういったものなのでしょう? 新年迎える準備ですので丁寧にしたいところですね。しめ飾りのいろいろもご紹介しています。
お正月の歴史・由来と伝承(いわれ)
お正月はなぜおめでたいのか??お正月の歴史、由来って?お正月と年神さまに関する知識あれこれ。
小正月
小正月は女正月、骨正月とも言われる正月の最後の行事です。小正月の朝には小豆がゆを食べて邪気を払い、また女性だけのお祝いの宴をする地域もあります。
七草がゆ
正月七日には、1年の邪気を払うために七草がゆを食べる風習があります。お正月のごちそう疲れを癒す意味でも合理的な風習ですね。七草がゆに入れる春の七草はゴギョウ、ハコベラ、スズナ、スズシロ、セリ、ナズナ、ホトケノザの七種の野草です。
おせち料理の歴史といわれ
お正月になぜおせち料理を食べるのでしょう? おせち料理の歴史やおせち料理のいわれ、作法などについてご紹介します。
鏡開き
鏡開きとはお正月に供えた鏡餅を1月11日に開いて、お汁粉やお雑煮などにして食べる行事です。さて、鏡開きではなぜ「開く」と言うのでしょうか?
お正月に楽しい伝統遊び(屋外編)
お正月向けの伝統遊びのうち、屋外向けのお正月遊びのさまざまをご紹介。凧揚げ、羽根つき、独楽回しなど、お正月ならではの外遊びも楽しいものです。
初夢っていつの夢?いい初夢を見るには?
初夢っていつの夢?1年の運勢を夢で占う、なかなか楽しい風習です。どんな夢が縁起がいいのか?良い夢を見るおまじないなどをご紹介!
おせち料理の意味-おせちに込められた願いをひもとく-
おせち料理に盛り込まれるお料理や食材に込められた意味のいろいろをご紹介します。おせち料理は先人の祈りが込められたものだったんですね。一つ一つのお料理の意味を思い起こしながら食べるとおせちもまたひとしおの味わいかも。
年末年始によくきくお正月にまつわる歌や音楽
お正月によく聞く歌や音楽、毎年のように聞くけど「あれ、タイトルなんだっけ?」ということも。そんなお正月の歌や曲をピックアップしてみました。
お正月に楽しい伝統遊び(屋内編)
お正月向けの伝統遊びのうち、屋内でできるものを遊びの由来などとともにご紹介。双六(すごろく)、福笑い、かるた取り、ダルマ落とし、剣玉などなど、最近の子どもたちも新鮮さから意外に盛り上がるんですよ。
年神様(歳神様)とはどんな神様?
お正月の主役、年神様(歳神様)ってどんな神様なのでしょう。このページでは年神さまのことを簡単にご説明しています。
お屠蘇:一年の邪気を払うおめでたい風習-
お屠蘇の風習ってどういうものなの?どこで入手すればいい?屠蘇器って?お屠蘇の風習についてのいろいろをご紹介します。
若水(わかみず)
若水は元旦の早朝1番に汲む水のこと、一年の邪気をはらうおめでたい水です。若水に関係してさまざまな風習があり、井戸を使わなくなった現代でもその風習の名残が生きている地域もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ホームへ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る