お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

お米の基礎知識とお取り寄せ情報

お正月には美味しいお米を

お正月だからお餅だけという事は近年は少なくなっていますから、ご飯の出番も当然あります。ということはお正月にもお米を炊くということで、お米の登場です。

お正月ですから、普段よりワンランク上のおいしいお米を召し上がってはいかがでしょう。

 

★もち米とお餅についてはこちらのページをどうぞ

スポンサード リンク

お米のランキング

お米は穀物検査協会による食味のランク付けがあります。

もっともおいしいお米には特Aというランクま付けが与えられます。

 

特Aランクのお米

特Aランクのお米は、コシヒカリ、ひとめぼれ、あきたこまち が主流で、産地では新潟と東北に非常に集中していますが関東、京都府、大分県などの一部地域でも特Aのお米がとれます。

 

新潟の特A米を楽天市場で探してみる

秋田の特A米を楽天市場で探してみる

山形の特A米を楽天市場で探してみる

宮城の特A米を楽天市場で探してみる

京都の特A米を楽天市場で探してみる

大分の特A米を楽天市場で探してみる

 

新登場の美味しいお米いろいろ

青森の「青天の霹靂(へきれき)」

青森県で初の特A品種です。今までの青森のお米の常識を覆す...と言った意味でも青天の霹靂といったネーミングがぴったり。

山形の「つや姫」が出たとき同じくらいかそれ以上の衝撃の味でした。

味わいは、どちらかというと、もっちりではなくあっさり系の食感で、なおかつお米の味が深いです。

 

青天の霹靂を楽天市場で探してみる
青天の霹靂をYahoo!ショッピングで探してみる
青天の霹靂をamazonで探してみる

 

山形発のブランド米「つや姫」

うまみが強いにも関わらず粘りが少なめのあっさりタイプのお米ですので、コシヒカリのもっちり感がちょっと苦手という方にも楽しんでいただけるお米だと思います。

 

産地は山形が多いですが、最近では宮城県でも推奨品種に指定されるなど他地域での作付も増えているのもおいしいお米であることの証左でしょう。

「お米はここまで美味しくなれる」というキャッチフレーズに恥じない一押しの美味しいお米です。

つや姫を楽天市場で探してみる

 

北海道の良食味ブランド米「ゆめぴりか」

北海道のお米のなかでも最近食味がよいことで人気を博しているのが「ゆめぴりか」です。

これまでも北海道は「ほしのゆめ」「ななつぼし」「おぼろづき」などの良食味米を生産してきましたが、ゆめぴりかはそれを凌ぐ極良食味のお米といわれ注目を集めているお米です。もっちり系のお米が好きな方におすすめの品種です。

ゆめぴりかを楽天市場で探してみる

 

九州のさがびより、森のくまさん

九州のお米は従来比較的硬質でこってりしたおかずには合うものの新潟や東北のお米と比べるとお米のみで十分おいしいといったタイプではないといわれてきました。

しかし最近は西南日本でも気候に合った食味が良いお米が多数産出されるようになり特Aの評価を受けるものも多くなってきました。

特に人気のお米に、熊本の「森のくまさん」と佐賀の「さがびより」があります。

  

どちらもとても美味しいお米です。特に「さがびより」はササニシキを彷彿とさせるような独特のおいしさだと管理人が気に入っている品種です。お値段控えめなのも嬉しいところです。

さがびよりを楽天市場で探してみる

森のくまさんを楽天市場で探してみる

 

★もち米についてはこちらのページをどうぞ


ちなみに、管理人は宮城県登米市産のササニシキをよく買います(時々ほかの品種も食べますが...)。

  

冷害に弱いので、最近作付量が少なくなって手に入りにくくなっていますが、一時一世を風靡しただけあっておいしいお米です。もちもち系よりもあっさり系がお好きな方にはぜひおすすめしたいお米です。

炊き立てののササニシキのごはんに筋子があるともう何杯でもお代わりできちゃいます。

 

そして、東北194号が最近ちょっと注目しているお米。

ササニシキとつや姫の中間の食感、かむほどに味が出るお米です。なぜかまだ愛称がきまらないようで、育種時のなまえの東北194号のまま売られています。

 

 


 

投稿者:狸穴猫


田作りの豆知識とお取り寄せのポイントトップ花豆の豆知識とお取り寄せ情報




▲このページのトップに戻る
▲正月食材お取り寄せガイドへ戻る

 

ページ先頭に戻る