お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

干支の置物などでお正月気分を盛り上げる

干支の置物でお正月気分をもりあげて

十二支のかわいい動物の置物が年末になるとあちらこちらで売られます。

この干支の置物、きたる新年の干支の置物を飾ると福を招くと言われ、非常に人気のあるものです。

2018年の干支は戌(いぬ)。

ご利益の方は専門家に譲るとして、干支の置物があるとちょっとお正月気分が盛り上がりますから良いものです。

 

戌年の「戌(いぬ)」は基本的に犬のこと

2018年は戌年。十二支の順番では11番目の年です。

戌年の守り本尊は、八幡大菩薩(阿弥陀如来)

戌年の動物はもちろんおなじみの「犬」ですが、「オオカミ」を「おいぬ様」とする場合も(詳しくはこちらをどうぞ)。

 

気軽に飾れるかわいい犬

かわいい系の犬の置物は置き場所を選びませんので気軽に飾れますね。

 

本格派のリアルな犬

リアル系の犬の置物は重厚な感じですのでちょっと置き場所を選びます。床の間にしろ玄関にしろ、ある程度置き場所に余裕があるほうが見栄えがします。

 

変わりダネの干支の置物

ユニークな干支の置物もけっこうあります。

やっぱり戌年はスヌーピー!

ちょっと上品な陶磁器製のスヌーピー。おすまし顔がお正月の玄関に似合いそうです。

そして下記はなんとバカラのスヌーピー!

まっすぐに立つ姿があらたまった新年にふさわしいかも。

 

笑う犬

笑う門には福来たる...というわけで大笑いする犬の置物です。

見ているだけでウキウキしちゃいますねえ。

 

スワロフスキーの犬

 

文化勲章受章の富永直樹氏作品のタロジロ(高岡銅器)

南極探検に同行した樺太犬の「タロとジロ」の像です。もうここまでくると芸術品です。

 

干支の置物の飾り方

干支の置物には実ははこれといった決まり事はありません。

玄関や床の間の鏡餅のお隣に飾ったり、小型のものでしたらリビングのカップボードの上に飾ったりするのが一般的です。

床の間に飾るときは鏡餅の左手に飾ります。

しまうのにも特に決まりはありません。その年1年間飾っておいても別にかまいません。ただ、床の間からは適当な時期に下げるようにしましょう。

 

十二支勢揃いの置物も

干支を一巡すると置物も12種類になります。

しまう場所をとるのでちょっと...という方には十二支全部が勢揃いした小型の置物もおすすめです。

ちょと小ぶりの干支の置物が十二干分揃っているもので、その年の干支のものを中心において主役に。

これなら長く楽しめますし、お子さんが干支の動物や順番をおぼえやすいかも。

 

木製の十二支飾りも暖かみがあっていいものです。

 

スポンサード リンク

タペストリーでお正月気分

置き物を置く場所がないので、置かないタイプの小物を使ってお正月気分を盛り上げたい...そんな場合にも効果的なのが「タペストリー」です。

 

また、干支に限らずおめでたい雰囲気のタペストリーがあればぐっとお正月気分が盛り上がるから不思議なもの。

タペストリーは飾る場所にあわせてサイズを選べますので自由度も高いですし、くるっと巻いてコンパクトにささっとしまえるのもよいですね。

お正月用タペストリーを楽天市場でみてみる

 

和柄の風呂敷や手ぬぐいも重宝なアイテム

小粋な柄の風呂敷や手ぬぐいをタペストリーのように使うのもお正月の雰囲気が出しやすいものです。

押しピンなどでじかに壁に貼ってもいいですし、バーを使ってタペストリーのようにしてみてもいいかも知れません。

 

 

 

とても風呂敷や手ぬぐいとは思えない凝った柄も多いですので、工夫次第でいろいろ楽しめます。

 

2018年の干支は犬。洋の東西を問わず人間となじみの深い動物ですから西洋風のものやポップなものなども沢山あります。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:狸穴猫


正月飾り(しめ飾り・門松)の意味と飾り方トップ正月用の盛り花




▲このページのトップに戻る
▲お正月のしつらえへ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る