お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

博多久松のお試しおせち、お取り寄せと試食レポート

博多久松の味を試してみた

 

楽天おせちランキング独走「博多久松の」のおせちはいかに?

 

お正月フリークの管理人は毎年おせちは手作り派である。

しかし、研究のため毎年おせちの予約シーズンになると、デパートやスーパーのおせちパンフレットを見たり、ネット通販のおせちページを眺めたりする。

まあ、見た目とメニューはこれで研究可能。

が、味の方が気になる、気になる、気になる!!

 

お取り寄せのおせちの味ってどんな味なんだろう。美味しそうだなあ...、冷凍おせちってどんな感じなんだろ...、とまあ、想像は膨らむ。

ということで、今年は「お試しおせち」なるものを食べてみる事にした。(詳しい経緯はこちらの記事

で、気になっていた楽天市場のおせちランキング常連!(ってか年中1位ですねえ)の「博多久松」のお試しおせちをたのんでみたというわけ。

冷凍通販おせちの実力を見てみるのには最適なものだろう。

 

(上記リンクは最新版に差し替えています)

 

送料別の500円(送料込みで1350円)...、はてさて、どんなお試しおせちがやってくるか?

 

注文後...

楽天市場からの自動配信メールから数時間も経たないうちに、配送予定を連絡するメールが届いた。

そして、配送予定日の24日に発送連絡と伝票番号を記したメールが届く。

博多久松のお試しおせちが到着した!

9月の20日に注文して、5日後の9月25日の11時過ぎ、いつもの時間にいつものクロネコヤマトのおにーさんが「冷凍で~す」と言いながら小振りの段ボールに入った「お試しおせち」を我が家に届けてくれた。

さて、中身は如何に?

博多久松のお試しおせちの梱包状況

外観のチェック!

ふむ、「この面を上に」という注意書きシールがしっかり貼ってある。

hisamatsu2013-01.jpg

そしてお試しおせちの梱包をあける(一応撮影するつもりなので丁寧に)。

中から出てきたのはエアキャップに包まれた黒い小箱と解凍方法のしおり、おせちのパンフレット。なるほど丁寧な梱包である。

hisamatsu2013-02.jpg

エアキャップを外した状態が下記

hisamatsu2013-03.jpg

この箱をの中から、お試しおせちの「黒いお重」が登場。おお、なかなかお正月気分!

このお重、紙製だが、かなり堅牢な作りである。プラスチックではないかと思うほど。そして質感もなかなかいい。

おためしおせちでこの箱とは、博多久松、なかなかやるなと思った次第。

冷凍状態も申し分なし

さて、この箱をあけると待ちに待った「おためしおせちの登場」

hisamatsu2013-04.jpg

中はカチンコチンに凍結している。さすがクロネコとのコラボ技。霜もほとんどついておらず、凍結状態は申し分なし。

黒いお重(外箱)の中詰められたおせちは冷凍ながら美しい!

さて、これを指示通り、内箱の状態にして冷蔵庫に移動。あとは24時間待てば食べられる。

さて、解凍の具合は?

冷凍おせちで気になるのが解凍の具合である。

解凍したらこんな感じ。

hisamatsu2013-05.jpg

いざ、博多久松のお試しおせちを試食!

このままでも良いのだが、ちょいと皿に盛りつけてみた。

お正月用のお皿ではないのでちょと華やかさに欠けるが良しとしよう。

hisamatsu2013-06.jpg

hisamatsu2013-10.jpg

hisamatsu2013-08.jpg

hisamatsu2013-07.jpg

hisamatsu2013-09.jpg

さあ試食♪

祝い海老

しっとりしていて美味しい。実は管理人海老嫌いなのですが、美味しくいただけました。

栗甘露煮、金団

栗は...、まあ栗でした。ちょっと小さめですねえ。

ま、それはおいておいて、金団です。これ、美味しい!!

焼き芋にしてから芋餡を作るとサイトに書いてあったのですが、そのせいかな?とても自然な甘みです。 無用に糖分でねっとりさせていないのでとてもあっさりした感じ。

 

伊達巻

しっとりしていてなかなかのお味。ソフトなタイプではないと思います。

 

完熟梅甘露煮

あまずっぱーい!美味しい。こういうのってやはりお取り寄せならではの味ですね。

黒豆蜜煮

醤油っけのない純粋な蜜煮のお味。この味は家庭では難しいんですよねえ。

粒は小振りでしたが、おいしいです。

特製いか明太和え

これはちょっとしょっぱめの味でした。いかにガッチリ味がついています。 珍味ですからこの程度は許容範囲だと思います。

絡んでいる明太子の量も多く、ちょっと贅沢な珍味です。

ばい貝旨煮

これ、管理人は食べてません、息子と旦那においしくいただかれました。

彼らによるとおいしいそうです。

焼豚

うーん、焼き豚でした。比較的甘くなくてさっぱり味ですね。

鮭西京焼

脂がのっていてとてもおいしいです。ほのかな西京味噌の香りが食欲をそそります。

が、ちょっと厚みが薄いのが残念。食べ応えのためにはあと3ミリ厚みが欲しいという感じ。

ひすい若桃

うーん、みずみずしい!香りがいい!

幸せな気分になる口取りですねえ。

お試しの全体的な感想

さて、今回「博多久松のお試しおせち」をお試ししてみたわけですが、全体的な感想を。

まず解凍後の状態ですが、いか明太にわずかにドリップらしきものが出た(といってもものがものだけに許容範囲と思います)以外は全くドリップなし!

食感的にも全く違和感はありませんでした。

解凍後のおせちを食べただけでは、言われなければ冷凍と気がつかないと思います。

冷凍おせちって、こんなに発達していたんですねえ、ちょっとびっくりしました。

さて、お味の方ですが、特に薄味とは私は感じませんでした。おせちとしては普通の塩気かな?という感じです。これがおせちの薄味の標準としたら、「普通」はどのくらい濃いのかなあ?

とにかく、全般的においしいです。正直、ここまでは期待していなかったですね。

確かにリピーターが多いわけだと納得です。これくらいのレベルの味であれば、冷凍おせちのお取り寄せも十分有りかなという感じ。

離れて住む実家の母に1人用のお重を送っても良いかもしれないな~と、そんなことを考えました。

 

博多久松の今年のおせちについてもっと詳しく

 

 

 


 

投稿者:狸穴猫


トップ「礼文島の四季」のお試しおせちお取り寄せレポート




▲このページのトップに戻る
▲正月食材お取り寄せレポートへ戻る
▲通販おせち特集2019へ戻る

 

ページ先頭に戻る