お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

お正月の歴史・由来と伝承(いわれ)

お正月にもいろいろわけがある?

お正月にも歴史・由来、様々な伝承(いわれ)があります。

おせち料理の歴史といわれについてはこちら

 

お正月の意味合いを歴史からひもとこう

正月は「暦のはじめの月」をさす言葉

正月とは元来、暦のはじめの月をさします。そして、3日までを三が日、7日もしくは15日までを松の内と言います(地域差があります)。

暦のはじめですので、春の初めとされ、「芽出度い」ことから「めでたい」こととされています。

日本ではかなり古くからお正月が祝われていたようで、それは仏教伝来よりも以前であると言われています。

 

スポンサード リンク

お正月という言葉の由来

正しい月と書いてしょうがつと読みますが、なぜ正しい月なのか?

中国の秦の始皇帝の降誕月を意味する「政月」が変化して「正月」となったという説、「正」の字の元々の意味としてある「あらためる」という意味から「あらためる月=正月」となったという説などがあります。

 

「お正月」という行事の意味合い

日本におけるお正月は、年始にあたり「年神さま」を迎え、歳を重ねられたことを祝い、豊年を祈る行事です。

祖霊祀りから神祀りへ

仏教の普及以前は、お正月とお盆の両方に祖先の霊を祀るという習慣だったようですが、仏教の普及にともない、夏の祖霊祀りは仏教行事である盂蘭盆会(お盆)と結びついて祖霊祀りの意味あいが強くなり、そしてお正月は年神様を迎えての神祀りの意味合いが強くなりました。

お正月の食事には、神人共食と言って、年神さまと一緒にお供物(おせち料理)をいただくことによりその霊力を授かるといった意味もあります。

 

年神さまとお正月

年神さまはお正月になるとやってきて、各家に豊穣と福をもたらしてくれる神様です。実は祖霊でもあり、春には田の神、秋には山の神となります。

年神さまはお正月に各家の松を目印にやってきて、松がとれると、左義長(どんど焼き)の炎とともに天に帰って行くとされます。

お正月は、年神様がおいでになるということからお正月様というように様をつけて呼ぶこともあります。

 

年神様についてもっとくわしく


投稿者:狸穴猫


正月飾り(しめ飾り・門松)の意味と飾り方トップ小正月-小豆がゆをいただく女性が主役のお正月-




▲このページのトップに戻る
▲お正月豆知識へ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る