お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

お正月にうれしい縁起の良いお酒(日本酒編)

新年を寿ぐおめでたいお酒

お正月にはやはりちょっといいお酒をと思われることも多いかと思いますが、年の初めを祝うのに縁起のよいお酒をいただくのも、その年が楽しく過ごせそう。

贈り物としてもとても喜ばれるのでお歳暮にも人気です。

 

日本酒の銘柄・名前というのはなかなか凝ったものが多いですが、なかにはとても縁起がよいお名前のお酒もあります。その中で新春にふさわしい名前のお酒を集めてみました。

 

すてきな銘柄名の日本酒は、年末遅くなると品薄になり入手しにくくなることも多いです。

やはり早めに手配すると安心です(日本酒の場合、新酒が出始める11月くらいから限定酒などの出回りも増え、12月に入ると人気銘柄で品薄が出始めます)。

 

運がひらけますように! 

開運 (静岡県 土井酒造)

「開運」と、いかにも縁起が良さそうな名前ですね。お正月に向けとして特に人気の高い銘柄の日本酒です。いかにもおめでたいといったパッケージもいいですね。

この開運、味のほうも非常に評判がよく、金賞受賞の大吟醸など吟醸酒も人気です。

  

甲斐の開運 (山梨県 井出醸造店)

上の「開運」は静岡のものですが、おとなり山梨県にも「開運」があります。やはりおめでたい名前で人気の高い日本酒、富士山の湧水で醸された辛口のお酒です。

  

初日の出(京都府 羽田酒造)

京都北山の周山街道沿いにある羽田酒造という蔵元さんのお酒です。

この「初日の出」の原料となる酒造米は京都府産の「祝」というお米。原料のネーミングからおめでたい、まさにお正月のためにあるようなお酒ですね。

実はかなり人気ですので買えるかどうかは運次第(「初日の出」の検索結果(楽天市場)はこちらからどうぞ)。

 

七福神

各地で七福神めぐりが盛んですが、七福神は日本酒のネーミングにもしばしば登場します。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

菊の司 大吟醸てづくり七福神720ml
価格:1998円(税込、送料別) (2018/8/5時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鴨川七福神720ml
価格:2097円(税込、送料別) (2018/8/5時点)

 

そして七福神といえばやはり宝船です。

茨城県の来福酒造から「宝船」が。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

来福 宝船 特別純米 1800ml
価格:2592円(税込、送料別) (2018/8/5時点)

 

七福神の神様それぞれにちなんだネーミングの日本酒も。

 

 

下は「べんてん(辯天)」です。「弁財天」の略称である「弁天」の旧字、結構難しい文字です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

福禄寿酒造(NEXT 5 蔵元) 大吟醸 福禄寿 720ml
価格:2700円(税込、送料別) (2018/8/5時点)

「七福神」という名前の日本酒は様々な地域のものがあります。一番有名なのは岩手の菊の司酒造のものではないでしょうか。

七福神の盃で七福神をいただいたらおめでたさひとしおかも。

 

 

おめでたさいろいろ

福寿(兵庫県 神戸酒心館)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

福寿 吟醸 Rosa 720ml
価格:1728円(税込、送料別) (2018/8/5時点)

兵庫県は灘の日本酒が有名ですが、その中でも近年非常に評判の高い蔵元である「神戸酒心館」のお酒です。

なんとノーベル賞の晩餐会で供されたことがあるんだそうです。

ネーミングは長寿系というイメージですが、開運にもいいかも。

 

吉祥

吉祥という銘柄のお酒はないのですが、吟醸酒に「吉祥」という名前(セカンドネーム?)がついているものはいくつかあります。

天野酒 吟醸吉祥(大阪、西條合資会社)

大阪の河内長野にある西條合資会社の吟醸酒。西條合資会社は大阪、河内長野市にある創業享保三年(西暦1718年)の歴史ある酒造会社で、味に定評がある蔵元です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天野酒 吟醸 吉祥 720ml
価格:2299円(税込、送料別) (2018/8/5時点)

吉祥 加賀鳶 (金沢 株式会社 福光屋)

北陸新幹線開業で話題の金沢のお酒です。蔵元の福光屋は創業が1625年と、金沢でもっとも古い酒蔵です。

 

大吟醸 吉祥 賀茂鶴 (広島 賀茂鶴酒造)

広島の賀茂鶴酒造の大吟醸酒です。賀茂鶴という銘柄自体も「賀」「鶴」といったお祝い事にふさわしい文字が入っているため、お正月に人気の高い銘柄ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大吟醸吉祥 賀茂鶴720ml詰 1本化粧箱入
価格:10800円(税込、送料無料) (2018/8/5時点)

 

スポンサード リンク

金持酒 (広島市佐伯区五日市 金持本舗)

金持酒は西日本の酒どころ広島の日本酒。とてもダイレクトなネーミングですね。蔵元のビル屋上にある金持稲荷大社(伏見稲荷から御分霊をいただいた正式な稲荷神社だそうです)でしっかり開運を祈願したお酒です。

さらにおめでたい、金箔入の紅白ボトルセットも

なぜ五日市で「金持ちぐっず」なのか...、全国に三つある財務省造幣局(コインを造るところ)の一つが五日市にあることにちなんだものとのことです。

 

 

福来 (岩手 福来酒造) 

数年前に人気を博したNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年上半期)の舞台となった、岩手県北三陸、久慈市の地元で愛される日本酒です。

  

縁起のよい陶器ボトルの日本酒

縁起物の置物?と見まごうようなすてきな陶器のボトルのお酒もあります。

まずは干支から。

鳥取県の梅津酒造の「冨玲」です。

置物としても素敵じですね。

 

そしてユニークな獅子頭のボトル。茨城県の石岡酒造の白鹿です。

白鹿は鹿島神宮の神様のお使い。

神様のお使いの白鹿+獅子舞という縁起の良さ。

瓢箪で無病息災!

ひょうたんボトルも縁起がよいですね。

下記は秋田県大仙市の鈴木酒造店の「秀よし」のひょうたんボトル、金箔入のお酒です。

銘柄名も「秀よし」ですからなんだか出世運がよくなりそう。

 

 

益々繁盛のお酒

益々繁盛を升升半升(ますますはんじょう)とかけて、2升5勺の巨大瓶のお酒を「益々繁盛」といい、おめでたい席で使われることがあります。お仕事関連の新年会などによいかも。

こちらは「七笑」の升升半升ボトル。「笑う門には福来たる」にも通じる銘柄で、ニコニコラベルというおめでたさ。ビッグサイズのボトルでも場が盛り上がりますので、日本酒を召し上がる方が多く集われるときにうれしいですね。

升升半升ボトルの日本酒をもっと見てみる!
(楽天市場の検索結果にジャンプします)

 

まだまだあるおめでたい名前の日本酒

縁起のよい名前のお酒、まだまだたくさんあります。お正月にぴったりのものを10銘柄ほどピックアップしてみました。(以下は楽天市場の検索結果にリンクしています)

千代の亀   福寿   末廣   松竹梅   久寿玉   招福神(越後鶴亀)   長者盛   来福   分福   三笑楽

 

もっともっとおめでたい名前のお酒を見てみたいという方は下記へどうぞ(姉妹サイト「縁起物なび」にジャンプします)。

 

 


投稿者:狸穴猫


キャラクターおせち特集2019 ディズニーからスター・ウォーズまでトップデパートのおせち2019ダイジェストと百貨店おせち購入時のポイント




▲このページのトップに戻る
▲正月食材お取り寄せガイドへ戻る
▲年末年始ピックアップ特集へ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る