お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

厄年と厄除け -平成30年の厄年早見表、厄年年齢の数え方など-

新年あけて、厄年を迎えられる方は厄除け祈願に社寺にお詣りされるかたも多いですね。

 

 

厄年とは

厄年とは、厄災が降りかかりやすいといわれる年齢で、その前後の年も含め神仏に祈って厄除け、厄払いをし、身辺に十分に気をつけるといった古来の風習です。

男性の場合は25歳、42歳、61歳。女性の場合、19歳、33歳、37歳とする場合が多く、男性42歳、女性33歳を大厄と言い、一番注意が必要な歳(年齢)といわれます。

厄年に近い年代は、現代でもライフスタイルの上で変化が多い年代ですので、心身、身辺に気を付けて過ごすきっかけとして「厄年」「厄払い」というのも古来からの知恵と受け止めてもよいのではないでしょうか。

 

前厄・本厄・後厄とは?

上記の厄年の年齢にあたる年を本厄、その前の年を前厄、その後の年を後厄といいます。

前後を含めた厄年表(赤字は大厄)

男性の厄年

前厄 本厄 後厄
24歳 25歳 26歳
41歳

42歳

43歳
60歳

61

62歳

 

女性の厄年

前厄 本厄 後厄
18歳 19歳 20歳
32歳 33歳 33歳
36歳 37歳 38歳

 

厄年のバリエーション

社寺によっては上記に加えて、男性の37歳、女性の61歳も厄年(本厄)とする場合もあります。

 

本厄・前厄・後厄

厄年早見表へ

厄年の数え方

現在は年齢というと、おおむね満年齢をさしますが、厄年においては数え年の年齢で考える場合が多いです。

 

数え年とは?満年齢とどう違う?

数え年とは、昔主流だった年齢の数え方です。

生まれた年を1歳とし、その後お正月を迎えるごとに「歳神さま」に歳をいただき、一歳ずつ年齢がふえていくという年齢の数え方です。

平成6年の12月20日生まれなら、生まれてから12月一杯が1歳で、年が明けて平成7年になると2歳となります。

満年齢になれていると何やらすこしややこしそうに感じますが、実は至って簡単に計算できます。

2018年の場合なら、1990年生まれの人はどの月に生まれた人でも、2018-1990+1=29(歳)が数え年となります。

 

社寺によって年齢基準が異なる場合も

数え年も新暦の1月1日基準のほか、立春で歳をとるとする基準を採用する社寺も稀にあります。

また、「満年齢」あるいは「その年の満年齢(数え年-1)」を厄年とする場合もあります。

(厄除けで有名な神奈川県の川崎大師は「その年の満年齢」が基準です。)

お詣りされる予定の神社仏閣のWebサイトでご確認下さい。

 

厄除け祈願・厄除け祈祷とは

厄除祈願のいろいろ

平成三十年の厄年一覧

以下の表は新暦、数え年基準の一般的な厄年の表になります。'

男性の厄年(平成30年版)

前厄 本厄 後厄
1995年
平成7年生まれ
亥年
1994年
平成6年生まれ
戌年
1993年
平成5年生まれ
酉年
1978年
昭和53年生まれ
午年
1977年
昭和52年生まれ
巳年
1976年
昭和51年生まれ
辰年
1959年
昭和34年生まれ
亥年
1958年
昭和33年生まれ
戌年
1957年
昭和32年生まれ
酉年

 

男性の厄年(2019年版)

前厄 本厄 後厄

1994年
平成8年生まれ 

1995年
平成7年生まれ
亥年
1994年
平成6年生まれ
戌年
1979年
昭和54年生まれ
未年
1978年
昭和53年生まれ
午年
1977年
昭和52年生まれ
巳年
1960年
昭和35年生まれ
子年
1959年
昭和34年生まれ
亥年
1958年
昭和33年生まれ
戌年

 

女性の厄年(平成30年版)

前厄 本厄 後厄
2001年
平成13年生まれ
巳年
2000年
平成12年生まれ
辰年
1999年
平成11年生まれ
卯年
1987年
昭和62年生まれ
卯年
1986年
昭和61年生まれ
寅年
1985年
昭和60年生まれ
丑年
1983年
昭和58年生まれ
亥年
1982年
昭和57年生まれ
戌年
1981年
昭和56年生まれ
酉年

 

女性の厄年(2019年版)

前厄 本厄 後厄
2002年
平成14年生まれ
午年
2001年
平成13年生まれ
巳年
2000年
平成12年生まれ
辰年
1988年
昭和63年生まれ
辰年
1987年
昭和62年生まれ
卯年
1986年
昭和61年生まれ
寅年
1984年
昭和59年生まれ
子年
1983年
昭和58年生まれ
亥年
1982年
昭和57年生まれ
戌年

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:狸穴猫


神社やお寺の行事に行こう!-年末の行事と縁日編-トップ




▲このページのトップに戻る
▲お正月の知識あれこれへ戻る
▲初詣スポットガイド2018へ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る