お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

小正月-小豆がゆをいただく女性が主役のお正月-

女性の正月「小正月」

小正月とは、もともとは正月の望月(満月)の日のことです。

現在では新暦の1月15日をさすことも多くなっています。

 

「大正月」と「小正月」

小正月があれば大正月もあるというわけで、大正月というのは1月1日から7日までをさすことが多いようです。

大正月が男の正月とされるのに対し、小正月は女の正月とされます。

正月のすべての行事が小正月で終わるので、その骨休めとして,骨正月とも言われます。小正月には女性だけの宴をひらく地域もあります。

 

スポンサード リンク

小正月には小豆がゆ

小正月には1年の邪気を払うとして小豆がゆを食べる風習があります。平安期の文学作品、土佐日記(紀貫之)や枕草子(清少納言)にも記載があることから、かなり古い風習といえるでしょう。

小豆がゆは煮た小豆と餅を白粥に入れたもの。好みの砂糖を加えていただく甘い粥です。

 

小正月は成人の日のルーツ

武家の時代には、成人を意味する「元服の儀」を小正月に行っていました。

成人の日が制定当初1月15日と定められた(現在は1月の第2月曜日)のは、そのかんしゅうにならって制定されたのだそうです。

 


 

投稿者:狸穴猫


お正月の歴史・由来と伝承(いわれ)トップ七草がゆ-歌にも詠まれた若菜摘みと邪気払いの風習-




▲このページのトップに戻る
▲お正月豆知識へ戻る

 

ページ先頭に戻る