お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

正月飾りは一夜飾りを避け、飾る日にあわせて準備を

正月飾りは飾る日に縁起をかつぐ

お正月は「正月飾り」と呼ばれるさまざまな飾り物がありますね。その飾り方のルールについて。

正月飾りの片付けについてはこちら

正月飾り(しめ飾り)の意味と飾り方についてはこちら

 

「正月飾り」というと、「しめ飾り(注連飾り)」をさす場合と、しめ飾り、鏡餅、門松、盛り花、神棚用の榊、仏壇用の仏花、掛け軸などのしつらえなど、飾る物すべてを指す場合があります。

どちらの場合であっても12月30日までには入手できるように手配しましょう。

というのはこれらの正月飾りは伝統的に「飾る日」が限定されるためです。

 

正月飾りは一夜飾りを避けて飾る

正月飾り、お供え等を飾る日ですが、31日に飾るのは「一夜飾り」として縁起が悪いとされます。その理由には、「急ごしらえでは神様に失礼であるから」という説と、「祭事あたってお葬式の時(こちらはたいてい急なものですね)と同様にしてはいけないから」という説があります。

 

「苦がつく」のを避けるために29日も避ける

また29日に飾るのも「苦がつく(苦労を背負い込む)」といってよくないとされています(お餅は「つく(搗く)」ものなだけに鏡餅用のお餅をつくのも29日を避けるのが一般的です)。

飾るのに31日と29日を避けるとなると、28日以前か30日ということになります。

遅くとも12月30日には飾れるよう飾るものを準備しておく必要があるわけです。

お正月はおめでたいものですから、やはり多少は縁起をかついでも良いのではないでしょうか。

正月飾りの片付けについてはこちら

正月飾り(しめ飾り)の意味と飾り方についてはこちら

正月飾りの準備についてはこちら

 

スポンサード リンク

生花は切り花鮮度保持剤で長持ちさせる

生花についてですが、この季節ですと生花はかなり持ちますが、室温の高いリビングやダイニングに花を飾るなど、花の鮮度が気になる方はクリザールなど切り花の鮮度保持剤を使うと便利です。花の日持ちがずいぶん違います。

逆にいえば鮮度保持剤を使い、室温の低い場所においておけば1週間~2週間は軽く持ってしまいますので生花は早めに買っておくことも可能です。

お正月飾り、お供え、生花はかさばることにご注意を!

お飾り、生花、お供え(鏡餅)、調達はただ買いに行くだけなのですがなぜか時間がかかるのです。どれもかささばる上に運びにくいものが多いからです。

足が自転車の場合など特にかさばるものは運びにくいので1人で運ぶと何回も行ったり来たり...ちょっとしんどいものがありますね。ここはご家族の手を借りるなど、対策を考えておいた方がいいでしょう。

どうしても買い物の手が足りないといった場合など、ネット通販等に頼ってしまうのも1つの手です。管理人は毎年お飾りと鏡餅は生協で買うようにしています。

 

 

  


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:狸穴猫


通販おせちの予約はお早めにトップお正月準備にはネット通販や食材宅配を活用




▲このページのトップに戻る
▲お正月の買い物のコツへ戻る

お正月なび メニュー