お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

通販おせちのタイプいろいろ、選りすぐりor一貫プロデュースタイプ、重詰めor個別...我が家にピッタリなのはどれ?

年末押し迫った時期はこちらもあわせてどうぞ →まだ間に合うおせち特集

 

通販おせち、結構タイプがいろいろあります

おせちのタイプについては、企画~製造の流れからは、こちらの「通販おせちの選び方(2)」でも多少触れましたが、

このぺージではそれ以外の面からおせちのタイプをひもといていきます。

 

「冷凍タイプ」か「冷蔵タイプ」か?

配送温度帯による違いです。

解凍不要でパッと出せる。これは冷蔵おせちの最大のメリットでしょう。

冷凍おせちは、解凍の手間があるものの、総じて塩分控えめで型崩れの心配がないというのがメリットかも。

冷凍技術の発達が目覚ましいため、冷凍おせちの味も向上しており、高級おせちも続々登場しています。


厳選和洋折衷おせち「大名」税込50000円【博多久松】

 

百貨店のおせちにも冷凍おせちが増えてきました。


<タカシマヤオリジナル>高島屋おせち三段重 税込21,600円 

 


【送料無料】<三越伊勢丹推奨おせち> 「大黒」和洋二段(冷凍)【三越伊勢丹/公式】

   

「個別パック」か「重詰めタイプ」か

個別パックおせちは重詰めの手間はありますが、比較的低価格で賞味期限が長めの事が多いです。

これに対し、重詰めおせちは「詰める」という手間がありませんので、お忙しい方には重宝です。


金沢 浅田屋 <浅田屋>おせち料理 個別パック 税込8,640円 【高島屋のおせち】

 

最近は、お重を使わず、カジュアルにお皿におせちを盛る「ワンプレート盛りおせち」も人気ですので、個別パックのおせちも増えてきました。

なかには賞味期限がかなり長めのものもあります。

 

 

「選りすぐりタイプ」か「一貫プロデュースタイプか?」

選りすぐりタイプは、それぞれのメニュー(具材)の美味しさを最優先したおせち。

一貫プロデュースタイプは、単品の味もさることながら、おせち全体としての味のバランスを重視したのおせちともいえます。

選りすぐり系おせちいろいろ 

重詰めおせちもあれば、個別パックおせちもあります。

 


京王百貨店オリジナルプレミアムおせち 28,620円(税込) 

 


【高島屋限定】<高島屋味百選おせち>和・洋 二段重 税込32,400円

上記2点は、百貨店に出店しているショップの選りすぐりを集めた、選りすぐりタイプの重詰めおせちです。 

阪神オンラインショッピングの「阪神のうまいもん和風おせち」 、三越のおせち 2021の「日本橋三四会おせち」、HANKYU FOODの「美味きわみおせち」も同タイプです。

   

選りすぐりタイプの個別パックおせちの代表格はショップチャンネルのおせちかも。

販売会社のバイヤーさんが集めた「選りすぐり」の個別パックおせちです。

icon icon
2021年 選りすぐりのおせち "笑福"14点セット \19,980 (税込) 【ショップチャンネル】 icon

山口のすまきかまぼこ「新川」、丹波篠山の黒豆、烏骨鶏卵を使った伊達巻など、ちょっと気になる品が入っています。

 

一貫プロデュースタイプタイプのおせちあれこれ

市販の重詰めおせちはほぼ、一貫プロデュースタイプです。

なかでも企画性の高いおせちをいくつかご紹介しておきましょう。

 


【婦人画報】婦人画報のおせち 二人前プレミアム和一段(2人前)

婦人画報編集部企画のおせちです。

個別のメニューもかなりこだわりの品なのですが、やはり際立つのはバランスかも。

(こちら、一昨年試食してきました、その時のレポートはこちら) 

  


大丸・松坂屋 特別企画 大原千鶴監修 口福おせち 税込27000円

大丸松坂屋の特別企画おせちに三年連続で登場、今季はおせちカタログの表紙にも登場しているのが料理研究家 大原千鶴さん監修のおせち。

斬新さをもちながらもバランスの良いメニュー、華やかなビジュアルです。

  

おせちって、ざっくりわけただけで上記のようなタイプがあり、さらに地域性による味の嗜好、価格帯、和洋中のテイストといったものまで含めれば、相当な数のパターンがあります。

ある程度、タイプごとの特徴を知っておくと、ご自分にぴったりのおせちが見つけやすいかと思います。

 

通販おせちの予約しめきり一覧(デパート、スーパー等)はこちらからどうぞ


 

投稿者:狸穴猫


通販おせち紹介のライブ・動画紹介が増えてきた。トップお正月に楽できる!冷蔵+冷凍の通販おせち2セットの組み合わせを考えてみた




▲ このページのトップに戻る
▲通販おせち特集2021へ戻る

 

ページ先頭に戻る