お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

干支(十二支)にちなんだ初詣スポットに行こう!2019年は亥(いのしし)年

 

2019年の干支、亥(い:いのしし)にまつわる初詣スポットに行こう

2019年は亥年(い:いのしし)年です。

亥年の守護神は大物主命、守り本尊は阿弥陀如来となります。

亥年の動物は「いのしし」です。

猪突猛進で勢いのある一年にします?それとも「ウリ坊(子いのしし)」にあやかって可愛くきめますか?

 

亥:猪に関係する神社・お寺

霊獣としての猪

猪を山の守り神、霊獣としている地域は数多くあります。

古事記には、ヤマトタケルを滅ぼした、伊吹山の神である白猪が登場します(もののけ姫の「おっことぬし」のモデルとも)。

和気清麻呂公を祀った各地の神社

和気清麻呂公と猪

その昔...平安遷都に多大な貢献をされた和気清麻呂公。ですが、奈良時代末期には道鏡事件で、怪僧道鏡により足の腱を切られた上で大隅国への流罪にされてしまいました。

迫りくる刺客の魔の手を振り払いながら九州へと旅をする清麻呂公ですが、豊前国に入ると数百頭もの猪の群が現れてます。猪たちは清麻呂公の輿を囲んで守るように十里の道をすすみ、そのおかげで清麻呂公は無事に宇佐八幡(現在の宇佐神宮)へ参ることができたのだそうです。

そして、足を痛めていた公が猪に案内された霊泉につかると、不思議にも公の足は治り、再び歩けるようになったという逸話もあります。

清麻呂公を祀る神社には、狛犬に代わって「狛いのしし」が神社の左右を守っていることも多いです。

 

護王神社/京都市  (地図
「いのしし神社」という別名で親しまれる京都の中心部にある神社。もともとは高尾にあった神社ですが、江戸時代末期、孝明天皇が和気清麻呂公の功績をたたえ、正一位護王大明神の神号を授けられ、明治期には現在の鎮座地である御所のすぐそば蛤御門の前に遷座されました。
足腰の神様として人気
和気神社/岡山県 (地図
和気清麻呂公、そして和気氏一族の始祖を祀る古社。
足立山妙見宮ー御祖神社/福岡県北九州市 (地図
和気清麻呂公が足を癒した霊泉にほど近い妙見宮。足の癒えた公が足立山に登り北辰尊星妙見神に天皇の安泰と反逆者がいなくなることを祈ったところ、「汝の願いききいる」とご神託をうけ、その後道鏡は失脚し、公も都に戻ることができました。公にあやかった健脚お守りなどが授与されています。
宇佐神宮/大分県宇佐市  (地図
清麻呂公が道鏡事件で真のご神託をいただいたのがこの宇佐神宮(宇佐八幡)。摂社に和気清麻呂公を祀る護皇神社があります。

  

摩利支天を本尊とする寺院

摩利支天は、陽炎を意味する仏教の神様。亥(猪)の上に乗り、疾風のごとく動き、自在の通力をもつといわれ、開運勝利の守護神として、楠木正成、毛利元就など多くの武将が尊崇していました。

  

摩利支天徳大寺/東京都台東区 (地図) 
年末の買い出しで有名なアメ横のど真ん中にある摩利支天。奉安される摩利支天像は聖徳太子の御手彫のものと言われます。関東大震災による火災、第二次大戦の戦火に堂宇が火災にあうも、尊像は焼失を逃れているというのですから、ご利益は相当なものかもしれません。
宝泉寺摩利支天/石川県金沢市 (地図) 
前田利家公が加賀入城の折りに、篤く信仰していた自らの守護本尊の摩利支天をお祀りする摩利支天堂を立てたのが創建とされます。その後二代前田利長公が金沢城の鬼門の向山に寺領を寄進し、堂宇をたてたのが現在の宝泉寺となります。
建仁寺禅居庵/京都市 (地図
建仁寺の塔頭の一つ、禅居庵にも摩利支天をおまつりするお堂があり、亥おみくじ、亥絵馬などが。
本法寺 摩利支天尊堂/京都市 (地図
大摩利支尊天の幟の建つお堂の前には鳥居があります。

 

その他 亥(猪)に関係のある神社

馬見岡綿向神社/滋賀県蒲生郡日野町 (地図

土地の豪族が狩りの折、猪の足跡に導かれて山頂に導かれ、綿向大神の御託宣を受けたのが神社のはじまりといわれ、猪が綿向大神のお使いとされています。境内には奉納された大猪像も。

 

十二支全部を祀っている初詣スポット

十二支全ての守り神、守り本尊を祀っている神社・寺院もあります。

下鴨神社(京都市 →地図
本殿前の7つの社は大国主命を七つの別名ごとの社でお祀りしており、十二支の守り神なのだそう。
目黒不動尊(東京都)
東京目黒の目黒不動尊には、十二支全ての守り本尊が泰安されています。
大満寺(仙台市 →地図
十二支の守り本尊が祀られています。
神宮寺(青森県平川市 →地図
十二支の守り本尊が祀られており、津軽の「津軽一代様」という風習に深く関わっています。
新薬師寺 (奈良県奈良市 →地図
干支の守護神の十二神将像がご本尊の周りをめぐるように立っています。
 

干支(えと)ってそもそも何?

日本では十二支を「干支/えと」ということが多いのですが、実は干支というのは、「十二支」と「十干」を組み合わせたもの。

十二支も十干も、暦や占いにおいて時間や方角を区分する中国由来の考え方です。

2018年は十干が戊(つちのえ)十二支が戌(いぬ)ですから 、戊戌(つちのえいぬ)の年にあたります。

 

十二支について

十二支には、方角や時間、そしてそれぞれに守り本尊や動物や敗されています。

その年の干支や、生まれ年の干支(十二支)を大事にする風習は今も各地で残っています。

年男・年女

生まれ年のえと(十二支)と同じ十二支が年巡ってくる人を年女・年男といいます。年男・年女は節分で豆をまく役になる習慣がある地域が多いです。

2018年の年男・年女

1922年(大正11年)生まれ
1934年(昭和9年)生まれ 
1946年(昭和21年)生まれ
1958年(昭和33年)生まれ
1970年(昭和45年)生まれ
1982年(昭和57年)生まれ
1994年(平成6年)生まれ 
2006年(平成18年)生まれ

 

十二支の動物たち

十二支にはそれぞれ動物(架空の動物も)が配当されていまます。

年賀状でも十二支の動物の図柄は人気です。

 

干支(十二支)の動物

十二支 動物
子    ねずみ
寅 
卯    うさぎ
辰 
巳  へび
午   
申 
酉    鶏・鳥

身近な動物なのになぜ猫がいないのか??

神様に新年の挨拶をするのに、日にちを忘れた猫がねずみに尋ねたところ、ねずみに偽りの日にちを教えられたため、1日遅れでいったので十二支からあぶれた...という話が有名です(その恨みで猫はねずみをおいかけるのだとか)。

 

★十二支の守り本尊

十二支 守り本尊
子    千手観音菩薩
虚空蔵菩薩
寅  虚空蔵菩薩
卯    文殊菩薩
辰  普賢菩薩
巳  普賢菩薩
午    勢至菩薩
大日如来
申  大日如来
酉    不動明王
八幡大菩薩
亥年 八幡大菩薩

 

干支にちなんだ初詣の風習

青森県の津軽エリアには、初詣や厄払いや合格祈願の際の、干支にまつわる独特な風習があります。

生まれ年の干支(十二支)によって守り本尊、守り神が決まっていて、行く神社やお寺が決まっているのです。

各人でお参りする守り本尊・守り神、ひいてはお祭りする神社やお寺のことを「津軽一代様」というのだそうです。

家族で氏神様に詣でたあとは、各人がそれぞれの「津軽一代様」にお参りするのだそうです。

 

(資料:弘前市シティプロモーションサイト いいかも!!弘前) 

 

 


投稿者:狸穴猫


沖縄県の初詣スポットトップ徳島県の初詣スポット/四国の初詣スポット3




▲このページのトップに戻る
▲初詣スポットガイド2019へ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る