お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

干支(十二支)にちなんだ初詣スポットに行こう!2018年は戌(いぬ)年

画像:犬の置物

 

2018年の干支、戌にまつわる初詣スポットに行こう

2018年は戌(いぬ)年です。

戌年の神様は大己貴神(=大国主命)、寺院での守り本尊は八幡大菩薩(=阿弥陀如来)となります。

戌年の動物は...もちろん「犬」です。

 

戌・犬に関係する神社・お寺

名前もズバリの名古屋の「伊奴(いぬ)神社」

愛知県名古屋市西区にある「伊奴(いぬ)神社」は、名前がずばり「いぬ」ですので、戌年には特に多くの方が訪れるそう。

安産や子授け祈願で人気の神社です。

 

おいぬ様信仰の「武蔵御嶽神社」

犬の祖先といえば狼。日本にもかつては「ニホンオオカミ」がいました。

実はオオカミを「大口真神」として祀っている神社があるんです。

武蔵御嶽神社(東京都)

武蔵国で日本武尊(やまとたけるのみこと)が道に迷われた際、1匹の白いオオカミが現れ道案内をしたのだそうです。その折に日本武尊がそのオオカミに対し、「大口真神」として御嶽山にて魔物を退治するようにと仰せられたのだそうです。

武蔵御嶽神社で主祭神の伊弉諾命、伊弉冉尊の神使として「大口真神」を祀っていて、本殿野分には狛犬ではなく一対の狼が。大口真神のお札も授与されています。

近年は愛犬祈願もされているとのことで、御嶽山神社への参拝に便利な御嶽山ケーブルカーは混雑時でなければワンチャンが乗れます(詳しくはこちら:御岳登山鉄道)。

御犬様信仰の神社は数多くあります。
宮益御嶽神社(東京都渋谷区) 秩父三峯神社(埼玉県秩父市)など

 

伊勢神宮の「おかげ犬」と金刀比羅宮の「こんぴら犬」

伊勢神宮のマスコット動物といえば「おかげ犬」、金刀比羅宮(こんぴらさん)のマスコット動物といえば「こんぴら犬」です。

江戸時代、全国で伊勢神宮や金刀比羅宮へのお参りの旅が流行しましたが、江戸時代は新幹線もなければ瀬戸大橋もないので時間も体力も必要。行きたくても行けない人が、飼い犬を旅人に託して代参させるということも多く行われたのだそう。

伊勢参り(おかげ参り)に代参する犬を「おかげ犬」、金刀比羅宮に代参する犬を「こんぴら犬」といい、浮世絵などにも描かれています。

こういった代参犬との関わりから、伊勢神宮や金刀比羅宮は犬に縁が深い神社といえるのではないでしょうか。

おかげ犬やこんぴら犬、現在は土産品のキャラクターとして人気です。

伊勢神宮公式サイト 金刀比羅宮公式サイト

 

注:伊勢神宮へペットを連れての参拝は出来ません。数はかぎられますが小型のペットであれば伊勢神宮衛士見張所で預けることができるそうです。詳しくはこちら(伊勢神宮公式サイトQ&Aページ)

 

弘法大師と犬

真言宗の祖、弘法大師(空海)が唐での留学を終えたのち、真言密教の霊場にふさわしい場をと求め大和の宇智郡の山中に入られた時、二匹の和犬が現れて高野山(真言宗の本山金剛峯寺があるところ、和歌山県)に導いたという逸話があります。

弘法大師ゆかりの各地の寺院もまた犬に縁が深い初詣スポットといえるでしょう。

高野山金剛峯寺

川崎大師(神奈川県川崎市)

西新井大師(東京都足立区)

厄除けうたづ大師(香川県綾歌郡宇多津町)

 

その他犬にまつわる神社

十柱神社/吉備津彦神社内(岡山県岡山市)
桃太郎伝説で桃太郎を助けた犬に関連する神社
黒犬神社/鬼岩寺内(静岡県藤枝市)
不遇の死をとげた鬼岩寺の神犬クロを祀った神社。
伊奴寝子神社(神奈川 座間神社内)
座間神社の摂社として平成24年に建立された全国でも珍しいペットのための神社。ペット守りも授与しています。狛犬のかわりに犬像と猫像が。
見附天神(静岡)
怪物から村を守った悉平太郎という霊犬の伝説があり、鳥居脇の狛犬さんがその悉平太郎像犬です。
老犬神社(秋田)
不遇の死をとげたまたぎ(猟師)とその忠犬を祀った神社。
犬の宮(山形県置賜郡)
魔物から村を守った犬を祀ったのが始まりの神社。

 

また、安産祈願、子授け祈願で有名な社寺では、犬にまつわる土鈴や招福人形などが授与されていることが珍しくありません。

 

十二支全部を祀っている初詣スポット

十二支全ての守り神を祀っている神社もあります。

下鴨神社(京都市)が有名で、本殿前の7つの社は大国主命を七つの別名ごとの社でお祀りしており、十二支の守り神なのだそう。

寺院では、仙台市の大満寺、青森県平川市の猿賀神社前にある神宮寺には十二支の守り本尊が祀られています。

また、奈良の新薬師寺は、干支の守護神の十二神将像がご本尊の周りをめぐるように立っています。

  

干支(えと)ってそもそもなあに?

日本では十二支を「干支/えと」ということが多いのですが、実は干支というのは、十二支と十干を組み合わせたもの。

十二支も十干も、暦や占いにおいて時間や方角を区分する中国由来の考え方です。

2018年は十干が戊(つちのえ)十二支が戌(いぬ)ですから 、戊戌(つちのえいぬ)の年にあたります。

 

十二支について

十二支には、方角や時間、そしてそれぞれに守り本尊や動物や敗されています。

その年の干支や、生まれ年の干支(十二支)を大事にする風習は今も各地で残っています。

年男・年女

生まれ年のえと(十二支)と同じ十二支が年巡ってくる人を年女・年男といいます。年男・年女は節分で豆をまく役になる習慣がある地域が多いです。

2018年の年男・年女

1922年(大正11年)生まれ
1934年(昭和9年)生まれ 
1946年(昭和21年)生まれ
1958年(昭和33年)生まれ
1970年(昭和45年)生まれ
1982年(昭和57年)生まれ
1994年(平成6年)生まれ 
2006年(平成18年)生まれ

 

十二支の動物たち

十二支にはそれぞれ動物(架空の動物も)が配当されていまます。

年賀状でも十二支の動物の図柄は人気です。

 

干支(十二支)の動物

十二支 動物
子    ねずみ
寅 
卯    うさぎ
辰 
巳  へび
午   
申 
酉    鶏・鳥

身近な動物なのになぜ猫がいないのか??

神様に新年の挨拶をするのに、日にちを忘れた猫がねずみに尋ねたところ、ねずみに偽りの日にちを教えられたため、1日遅れでいったので十二支からあぶれた...という話が有名です(その恨みで猫はねずみをおいかけるのだとか)。

 

★十二支の守り本尊

十二支 守り本尊
子    千手観音菩薩
虚空蔵菩薩
寅  虚空蔵菩薩
卯    文殊菩薩
辰  普賢菩薩
巳  普賢菩薩
午    勢至菩薩
大日如来
申  大日如来
酉    不動明王
八幡大菩薩
亥年 八幡大菩薩

 

干支にちなんだ初詣の風習

青森県の津軽エリアには、初詣や厄払いや合格祈願の際の、干支にまつわる独特な風習があります。

生まれ年の干支(十二支)によって守り本尊、守り神が決まっていて、行く神社やお寺が決まっているのです。

各人でお参りする守り本尊・守り神、ひいてはお祭りする神社やお寺のことを「津軽一代様」というのだそうです。

家族で氏神様に詣でたあとは、各人がそれぞれの「津軽一代様」にお参りするのだそうです。

 

(資料:弘前市シティプロモーションサイト いいかも!!弘前) 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:狸穴猫


沖縄県の初詣スポットトップ徳島県の初詣スポット/四国の初詣スポット3




▲このページのトップに戻る
▲初詣スポットガイドへ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る