お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

通販おせちの選び方(1) おせちの味について

通販おせちの選び方(2)おせちの製造元って? 

通販おせちの選び方(3)銘店のおせちって?

 

通販おせちの味をどう考えるか

通販おせちを購入する際に気になるのはやはり味。つまり「美味しさ」です。

せっかくのお正月ですから美味しいものをいただきたいですし、おせち料理というのはそれなりに値の張るものですからここは慎重にならざるを得ないというのが家計を預かる立場としては当然でしょう。

となるといきおいランキングやレビューといったものが気になってくるわけですが、そういったものをどう見るかというのもちょっとコツがいります。

 

味の評価は個人差が大きい

おせちの味の好みというのは個人差が大きいものです。

薄味(塩分控えめ)を好むかそうでないかというのは、地域、年齢、お酒を召し上がるかによって大きく変わってきますし、甘みについてもお年を召した方は生理的に甘みを感じにくくなるため甘めの味付けを好むことが多いなどといった側面もありますし、価格やお手頃感によっておいしさを感じやすいあるいは感じにくいといった心理的な側面も個人差が大きいものです。

そしてさらにご家庭にある味の伝統(慣れ親しんだ味)といったものも関わってきますので、味の許容度というのは人によってかなりの違いがあると言えるでしょう。普段グルメな食生活をされている方とそうでない方では同じおせちに対する評価が異なって当然です。

ですから、ランキング上位であっても口にあわないことは十分にありますし、その逆もまたあります。

「薄味でおいしかった」「○○の高価なおせちよりずっとおいしい」といったレビューを鵜呑みにしてしまうと「期待はずれ」といったことも起こりやすくなると思います。逆に「薄味という表記だったのに薄味ではなかった」「思ったほどおいしくなかった」といったレビューを過剰におそれてしまうと選択の幅が狭くなってしまうこともありえます。

 

スポンサード リンク

通販おせちのおいしさと価格の兼ね合い

15000円のおせちと50000円のおせちではまず使われている食材からかなり違います。

魚の焼き物に使われている魚種だけとっても、「銀ダラ」「銀カレイ(カラスカレイ)、ブリ、サワラ、ヒラメ、鯛などさまざまです。価格の安いおせちでは銀ダラや銀カレイが使われることが多く、中くらい価格帯のものではブリが、高級なおせちでは鯛やヒラメなどが使われることが多いです。

当然味わいも違いますしコストも違います。価格の安いおせちでは安い材料を使いつつどれだけ美味しく仕上げられるかといったところに力を注ぐことになるわけですね。

魚以外でもこういったことは多くあります。ローストビーフの原料がオージービーフか国産の和牛肉かでは大きくことなりますし、蒲鉾や伊達巻の質も千差万別、デザートや甘味も笹巻き麩まんじゅうとカスタードのオーロラシート包みでは当然コストも変わります。

こういったことから価格帯の近いおせち同士を比較することはできますが、価格帯がはなれたおせち同士はそもそも比較できないと思っておいた方がよいでしょう。

おせちのコストパフォーマンスを考える場合、原材料表示をよく読んでから考える必要があります。

 

失敗しないおせち選びのために

通販においてランキングやレビューというのは参考になる面もあります。ただ、おせち料理の味に関しては、ご自身やご家族の味の好み、グルメ度がどういった位置にあるか?、価格との兼ね合いなどを意識しながら読んでいくほうが失敗しにくくなると思います。

通販おせちの塩分や甘みなどに関しては、概して料亭系、冷凍おせちが薄めの味が多く、また地域のデパートのおせちでは、比較的その地域の味の好みに近いといったこともあります。

★デパートのおせち特集はこちら

 

お試しおせちがあるショップではお試しおせちを購入して試してみるのが手軽にかつ確実に味を確認できる手段です。

★お試しおせち特集はこちら

 

また、お試しおせちがないショップの場合でも、個食用のおせちも近年ふえてきましたので、気になるおせちがある場合でもいきなり三段重を注文するのではなく、初年度は個食用のおせちを注文し、気に入ったら翌年大型のものを注文するといった方法も良いのではないでしょうか。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:狸穴猫


伊勢丹の通販おせち2018予約ガイドトップ高島屋のお試しおせち実食レポート




▲このページのトップに戻る
▲通販おせち特集2018へ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る