ホーム  »  ウォーターサーバー比較  »  宅配水のバナジウム含有量比較

宅配水のバナジウム含有量比較

バナジウム天然水でからだいきいき!

ウォーターサーバー用宅配水におけるバナジウム含有量の比較をしてみました。バナジウム天然水は主に富士山麓から採水された水ですが、採水地によって、井戸の深さによってバナジウム濃度もさまざまに異なるのが興味深いところです。

比較の参考までに、アサヒiの「富士山のバナジウム天然水」には62μg/Lのバナジウムが含まれています。

バナジウムについて詳しくはこちら

 

バナジウム含有量比較表

宅配水銘柄 バナジウム含有量 1Lあたりの価格 取り扱い
朝霧のしずくプレミアム 150μg/L 134円 TOKAIおいしい水の宅配便
富士の微笑み
バナジウムくん
富士の恵み
富士天然水「雪華」
富士山の銘水
122μg/L 158円 コスモウォーター
ドリームウォーター
恵ウォーター
ラピロスウォーター
オーケンウォーター
富士の銘水「凜」 122μg/L 158円 ワンウェイウォーター
富士青龍水 91μg/L 167円 富士青龍水
クリティア25 91μg/L 149円 クリティア
プレミアムフジ 91μg/L 157円 プレミアムフジ
フレシャス 85μg/L 158円 フレシャス
富士の湧水 80μg/L 134円 富士の湧水
らでぃっしゅエコ・ウォーター 58μg/L 137円 らでぃっしゅエコ・ウォーター
桜金天翔水 44μg/L 157円 さくらウォーター
阿蘇山のバナジウム天然水 17μg/L 179円 Mizの樹

 

とにかく「バナジウム」がいいということになると、バナジウムの量と価格で比較して、 TOKAIおいしい水の宅配便の「朝霧のしずくプレミアム」が際だってコストパフォーマンスが良いようです。

但し、どの程度のバナジウム含有量にするか...ということになると、ウォーターサーバーごとのシステムやサービスとのかねあいもありますので一概には言えないでしょう。

 

 





▲ウォーターサーバー比較へ戻る