ホーム  »  ウォーターサーバーの選び方  »  安全な水を選ぶチェックポイント

安全な水を選ぶチェックポイント

安全から普及したウォーターサーバー

ウォーターサーバーはここ2年ほどで急激にシェアが伸びています。それは何故でしょう?

 

震災とウォーターサーバー

水道水に含まれるトリハロメタン、ダイオキシンなどの健康への影響は以前から取りざたされていましたが、東日本大震災以前は水の安全はある程度確保されていました。

ところが震災による福島第一原子量区発電所の事故後、放射性物質が水道水で検出されるなど、水道水の安全が急激に脅かされる状態になって、飲料水としての水の受容が一気に高まりました。

また、震災後、スーパーなどでの水の品不足があったりと、水の確保が一般の市民にも影響してしまいました。さらに、ウォーターサーバーの水は災害への備蓄水ともなることも相まって、ウォーターサーバーは一般家庭に急激に普及しつつあるのです。

 

安全な水を求めて

さて、安全な水とはどのような水でしょうか?

トリハロメタンやダイオキシン、重金属などの有害物質を含まないことは当然として、放射性物質を含まないことも重要なポイントですね。

多くのウォーターサーバー業者では、この放射性物質に関わる検査データを非常に重要視していて、ホームページのトップページに放射性物質に関する検査結果へのリンクを設置しています。

逆に言えば、一般の水質検査データだけでなく放射性物質に関する検査結果を表示していない業者は選ぶべきでないということでしょう。

 

 





▲ウォーターサーバーの選び方へ戻る