お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

カニのお取り寄せのポイントとカニのいろいろ

 

カニはお正月のごちそう食材の筆頭!

カニは鮮やかな赤い色がお正月の食卓をあでやかにしてくれるとっておきのアイテム。

見た目だけでなく味も好まれる方が多いので大人気。

ボイルされたカニをそのまま頂くのもよいものですし、カニすき、カニしゃぶなども美味しいものです。

カニのだしが出た鍋の〆に雑炊を作っていただけば心も体も温まりますね。また毛ガニや花咲ガニなどは日本酒にも良く合い、酒肴としても極上の一品となります。

 

11月には松葉ガニ漁も解禁!

11月に入ると北陸~山陰の日本海沿岸部でのズワイガニ漁が解禁になります。

毎年そのころから年末にむけたカニの販売も本格化します。

 

カニの解凍についてはこちら

カニのお取り寄せ検索リンクはこちら

年内まだ間に合うカニショップ特集はこちら(12月半ばから更新開始)

 

カニを購入する際は冷凍庫の空き容量を確保!

美味しい、華やか、食べ方も多様、冷凍流通なら保存も容易と、良いところが多いカニですが、値段以外のひとつ難点があるとすれば、冷凍庫内の場所をとってしまうことです。

容量が多い品ですとお値段がお安くなるケースもあるのですが、冷凍庫に入りきらないとさすがに困ります。

カニのお取り寄せは冷蔵庫(冷凍庫)の空き容量を考えて計画的に!

 

カニのお取り寄せはのポイントは?

カニはネット通販のお取り寄せ人気アイテムですので、商品のバリエーションも多いです。

お値段が張る食材ですので使い道に適した商品を選びたいですね。

しゃぶしゃぶ用、鍋用は生凍結、そのまま召し上がるのにはボイル冷蔵、ボイル凍結が適しているかと思います。

  

ボイルも生も産地凍結or船内凍結がおすすめ

生きているカニのお取り寄せもありますが、生きたカニは輸送中のエネルギー消費で身が細ったりしやすいものなので、ボイルにしろ生にしろ、産地or船内で凍結処理されたものがそういった心配がなく、安心です。

活きガニ場合は、北海道以外の場合は空輸してくれるお店を選びましょう。

  

鍋用のカニのポーションとカット

最近は殻がなくてゴミが出ないといったことから、ポーションと呼ばれる殻を剥いたものでかにしゃぶという食べ方が人気です。とはいえ、ポーションはやはり加工の手間の分お値段もかなり高めです。

 

形は気にしないというのであれば、少しだけ折れてしまったり、持ち手部分がはずれてしまって正規品になれなかった訳あり品という選択肢も。 

価格も正規品より安くなる上、重量あたりの可食部は逆に正規品よりも多くなるのが嬉しいですね。

贈答用でなければ十分かも。

とても人気ですので、12月半ば頃になると品薄になりますのでお早めに。

 

カニすきならハーフポーションも

カニすきの場合は、多少は殻があった方がむしろスープに味が出ますので、ある程度食べやすさもある、窓あきカットorハーフポーション(片面むき)も手頃でよいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カットズワイ蟹1kg ズワイガニ ハーフポーション 蟹 かに カニ
価格:6680円(税込、送料無料) (2018/10/28時点)

 

スポンサード リンク

カニの種類いろいろ 

ズワイガニ

 

 

ズワイガニは、国内では北海道や日本海沿岸、そして海外ではロシア、カナダ、アラスカで水揚げされます。

 

松葉ガニ、越前ガニ、間人ガニ-近海のブランド蟹いろいろ-

日本の近海の浅い場所に生息するズワイガニを山陰では「松葉ガニ」、丹後では「間人(たいざ)ガニ」、福井では「越前ガニ」といい。味に定評があり、漁期が短いことから希少でもあり、ブランド蟹として贈答などに好まれます。

2018年は越前ガニの初競りが11月6日、松葉ガニの初競りが11月7日だったそうで、松葉ガニ「五輝星ブランド認定品」で、鳥取港の初競りでは過去最高の競り値がついたそう(初競りの価格はご祝儀価格といった面もあるので競り値とその後の相場と相関があるとは限りません)。漁初日の水揚げ量も好調のようです。

 

 

 

セコガニ(せいこガニ:抱卵したずわいがにのメス)

また、ズワイガニのなかでも卵をだいたメスを「セコガニ(せいこがに)」といって、小型ですので身はそれほど多くないのですが、身の繊維は小さいだけに繊細で、なおかつ内子、外子、味噌も味わえるとあって、好まれる方も多いものです。

水産資源保護の観点からセコガニの漁の期間はオスのカニよりもさらに限られており、出回り量も少ないのでお正月用にセコガニをとお考えの方はお早めにチェックを!

 

甲羅盛り商品もあります。せこがには雄のズワイガニよりもかなり小さいですので、捌くのが苦手な方、せっかちな方はこういった商品のほうが食べるときにイライラしないかもしれません。

 

タラバガニ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【超早割クーポン発行中 1kgで1000円OFF 2kgで3000円OFF・・・...
価格:7980円(税込、送料無料) (2018/11/7時点)

 

タラバガニは食べ応えといい、甘みといい、やはりカニの王様。太い脚肉をほおばると自然と笑みが広がります。鍋もいいですが焼きガニ、バター焼き、天ぷらなどもおすすめ。

おいしさゆえに人気も高く、近年価格が高騰しています。

姿ものと脚だけのものが流通していますが、タラバガニはゆでると味噌が流れてしまうため、一般的にはミソを抜いてからボイルされるもののなので、特に見た目を楽しみたい場合以外は姿である必要性はあまりないでしょう。

また、タラバガニは殻が厚いため、1肩あたりの重量が大きめのものの方が可食部の比率は高くなりますので、同じ1kgの重量でも、1肩あたり800gのもので重量が1kgになるように脚を足したものよりは、1肩あたり1kgのもののほうが食べ応えがあります。

 

アブラガニ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アブラガニ 蟹脚1.0kg 1〜1.5肩入り 2018年新物かに カニ 蟹 あぶ...
価格:7549円(税込、送料別) (2018/10/28時点)


アブラガニは、ゆでてしまうとタラバガニとは見分けが付きにくいため、昔はタラバガニの代用とされたりタラバガニと偽装されたりと、あまり良いイメージがなかったのですが、実は味はけっこうよく、価格もタラバガニより多少お手頃なので近年人気が高まっています。

アブラガニはタラバガニの近縁種で生の状態でタラバガニより若干青みがかっているほかは、姿形も味とてもよく似ています。

  

毛ガニ

おいしいカニというなら、やはり毛がには外せません。ちょっとグロテスク?な姿からは想像できない甘みのある身、そしてたっぷりのミソが魅力ですね。

毛ガニを選ぶ時には、少しお高くても大ぶりのものの方が毛ガニならではの食べごたえが楽しめます。

毛ガニは他のカニよりも生命力が強いため、おがくずに詰められた活の状態のものもよく売られていますが、輸送中の身やせの心配のないボイル品がおすすめです。

漁のシーズン中でしたらボイルしたものを凍結させずに冷蔵状態で送ってくれるお店もあります。

 

花咲ガニ

花咲ガニは鮮やかな色といい花の咲いたような姿といいインパクト満点。しっとりした身質はとてもおいしいものですし、カニ味噌もたっぷり楽しめます。

一時は幻のカニといわれたりもしましたが、近年は漁獲が安定しているようで価格も安定しています。

 

花咲ガニの解凍には時間の余裕を!

美味しいカニなのですが、花咲ガニは味噌を食べるカニの中では中心部が大きいほうなので、解凍にはかなり時間がかかります。余裕をもって解凍しはじめましょう。

花咲ガニをさばくには、丈夫なはさみと2枚重ねの軍手を準備!

また、花咲ガニの殻はトゲトゲしている上にかなり固いので、調理の際に怪我をしないよう丈夫なはさみ2枚重ねの軍手(1枚では足りません!)のご用意を。

 

紅ズワイガニ


紅ズワイガニは日本近海に生息するカニで、ズワイガニよりも深いところに生息しています。

形はズワイガニとほとんど変わらないのですが、色はかなり違います。加熱しない状態でもきれいな朱色をしているのです。

身の水分率が高く、ジューシーで美味しいカニなのですが、それだけに鮮度が落ちやすく、以前は産地で近辺で食べられるほかは缶詰等の加工用として使われていました。それが近年の冷凍技術の発達によって注目を集めつつあるのです。

ボイルでよし、鍋にしてもよしといただき方はズワイガニとほぼ同じです。

価格も現時点ではズワイガニよりも安めのことが多いようですので、ねらい目のカニではないでしょうか。

 

カニの解凍についてはこちら

カニのお取り寄せ検索リンクはこちら

年内まだ間に合うカニショップ特集はこちら

 

カニのお店ピックアップ

冷凍のカニには乾燥をふせぐために「グレーズ」と呼ばれる氷の膜がわざとつけられていることが多いです。

「実重量」は、グレーズ込みの「総重量」よりも2割ほど少なくなります。

重量が総重量であるか実重量であるか、またはグレーズの存在について明確な記載があるショップでの購入が安心です。

 

海の幸なのにYAMATO
宮城県塩釜港にある自社冷凍倉庫を持つ総合水産ショップ。シングルフローズンのタラバガニが人気。カニ以外にもお正月の海鮮食材が一気に揃うのでかなり便利かも。ピンポイントでのセールも多いです。
ニッスイ公式ショップ 楽天市場店
おなじみニッスイ(日本水産)公式の海鮮ショップ。大西洋沿岸海域のズワイガニを現地のニッスイグループの工場で水揚げ後すぐ加工、それを直輸入しているニッスイですので、お歳暮などギフトにも安心の品質。
風味絶佳.山陰
ブランドタグ付きの高級な松葉ガニ(日本海産のずわいがに)をはじめ、海産物を豊富に取扱っている山陰のグルメショップ。
島の人 礼文島の四季
日本最北の島、礼文島発の海鮮ショップ。海鮮おせちも取り扱っています。
さっぽろ朝市 高水
メディアでも取りあげられる「さっぽろ朝市」に本拠を持つネットショップ。
かに吉
北海道最北の稚内港すぐ側にある、茹で釜をもつカニの一次問屋のネットショップ。漁獲海域と加工地がはっきりした厳選ガニが並びます。
越前かに問屋「ますよね」
 福井名物の海鮮マーケット「日本海さかな街」にも実店舗を持つカニのショップ。
越前かに職人 甲羅組
 年間300トン以上のカニを販売するショップ。(こちらのWebの買い付け日記、楽しいです~)

 


投稿者:狸穴猫


昆布巻きの豆知識とお取り寄せトップふぐ(トラフグ他)のお取り寄せの勘どころ




▲このページのトップに戻る
▲正月食材お取り寄せガイドへ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る