お正月なび おせちから年末のお取り寄せ、大掃除まで

正月事始めとすす払い-大掃除の由来-

正月事始めは12月13日

正月事始めとは「この日からお正月を迎える準備をする」という日です。

全国的に12月13日を「お正月事始め」とする地域が多いです。

 

大掃除チェックリストはこちら

大掃除用品チェックリストはこちら

 

正月事始めは江戸時代の江戸城の風習がルーツ

江戸時代に幕府で江戸城の大掃除をこの日に始めるようになったのが正月事始めの始まりだそうです。

江戸時代中期まで使われていた宣明暦という暦では、12月13日は「鬼の日」という、婚礼以外は何でも吉という日に当たっていました。

そのため12月13日が正月を迎える準備を始める日として適している日と選ばれたのだそう。

その後、暦は幾度かかわり、現在の暦は太陽暦ですが「正月事始め」の日はそのまま12月13日のまま、あちらこちらで残っているということです。

 

スポンサード リンク

大掃除も「正月事始め」から

神社仏閣の「すす払い(煤払い)」の行事もだいたいこの日です。そこから大掃除をはじめる日もこの日とされます。

また、かつては松迎えといって、正月飾りやに使う松をこの日に山へ取りに行くという風習もありました。同様に正月の餅つきに使う薪をとるのもこの日とされました。

 

とはいえ、実際問題としては、お買い物などはもうちょっと早いほうが都合が良いことも多いので、正月事始めの日は大掃除の作業を開始する日と思っておくと良いかもしれません。

また、カレンダーや手帳を新しくするのにも良い時期ですね。

 

大掃除の由来と歴史

平安時代の宮中の「すす払い」から

大掃除というのは、新年を迎える(すなわち年神様=歳徳神をお迎えする)にあたって、神様をお迎えするのにふさわしいように家の内外を清めるという意味でなされる風習で、平安期に宮中で「すす払い(煤払い)」として始まったとされます。

禅宗の影響も

また、鎌倉期以降、掃除が禅宗の修行の一貫としてひろまったのも相まって寺社仏閣に「すす払い」の風習が広まりました。

その後。江戸時代になると一般庶民にも年の瀬の行事としての大掃除が定着したと言われます。

 

庶民のすす払いは妖怪よけから

ただ、平安時代にはすでに年末に古い道具類を捨てるという風習があったようで、御伽草子などの古典には年の瀬(立春前)に捨てられた道具類の様子が描かれています。

道具類は100年たつ(99年を越えてつかうと)と付喪神(つくもがみ)という「あやかし(妖怪)「に変化して怪異をなすと言われ、そのために古い道具を年の瀬に捨てるといった風習となったのだとか。

九十九を「つくも」と呼ぶのもこのあたりが由来といわれています。

  

のみの市(蚤の市)と大掃除

また、年末に神社仏閣で「のみの市(蚤の市)」が立つのも、捨てられた古い道具類に新しい命をという意味もあるのだそうです。

 

大掃除チェックリストはこちら

大掃除用品チェックリストはこちら

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:狸穴猫


トップ年取り魚-東西で違うお正月になくてはならない魚-




▲このページのトップに戻る
▲お正月の知識あれこれへ戻る

お正月なび メニュー

 

ページ先頭に戻る