狸穴通信 狸穴猫の野次馬的こだわりワールド

生クリームからバターを作ろう

手作りバターを作ろう!

バタ-は牛乳の脂肪分をあつめて作ったものです。

牛乳(ノンホモジナイズドのもの)を静かにおいておくと脂肪分は軽いので上にクリームが浮かんできます。 これが生クリームです。

生クリームは脂肪分が30~50%程度含まれています。この生クリームをさらに脂肪分が多くなるように加工してバターが生まれます。

どうやって加工するのかな?

ここでは簡単にバターを作る方法を2つご紹介します。さあ、手作りバターに挑戦してみよう。

材料

生クリーム100~200cc

「ホイップクリーム」は全部が生クリームじゃありません。
必ずパックの裏側の表示に「クリーム」と書いてあるものを使ってね。
乳脂肪分40%以上のものが作りやすいよ。

バターの作りかた1 泡立て器をつかってホイップホイップ!

バター作りの道具

ボール 泡立て器
道具は清潔なものを使おうね。

手順

  1. 冷えた生クリームをボールにあけ、泡立て器でかき混ぜる。ホイップクリームを泡立てるときと同じだよ。
  2. だんだんホイップクリームのになってくるけれど、そのままかき混ぜ続けよう。
  3. かき混ぜ続けるとだんだんモソモソになってくるけど、気にせずにかき混ぜ続けよう。
  4. ぼそぼそになって水分が分離してくるよ。もうちょっと!
  5. 水分と固まり状ののものに分かれたらなったらできあがり!白っぽい固まりがバターだよ。

バターの作りかた2 ビンに入れてシャカシャカ!

バター作りの道具

広口の400ccから500ccはいる程度の大きさのフタのしっかり閉まるビンを使います。

マヨネーズや大きめのジャムの瓶が使いやすいよ。

手順

  1. ビンに生クリームを入れてしっかりふたをしめて振る。
  2. だんだん中が見えづらくなってくるけれど、ひたすらシェイク・シェイク!
  3. 手の熱で中味が温まってしまうので氷を1~2片入れてさらにシェイク!
  4. 振り続けると中でバターがひとまとまりになって水分と分かれてくる。
  5. 水分が増えなくなったら出来上がり

作ったら食べてみよう

好みで食塩少々をいれてパンなどにぬって食べてみよう。

作ったバターをとっておくときは必ず食塩を入れて2.3日で使い切ろう。

宿題?

うまくできたかな?
一つ体験するとまたまた疑問がでてくるね。よかったら調べてみよう!

  • ここにあげたやり方は2つあるけれど、
    バターを作るのに必要なことはいったい何なのかな?
    そして、工場ではバターをどのように作っているのかな??
  • 「やり方 その2」で広口のビンを使うのはなぜだろう?
  • 売られているバターにはどのくらいの塩分が含まれているのかな?
  • 生クリームじゃないホイップクリームには何が入っているのかな?
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:狸穴猫


牛乳のふるさとは?TOP牛乳からできるもの




▲このページのトップに戻る
▲牛乳のひみつへ戻る

狸穴通信 INDEX