着物通販ガイド 着物のある風雅な日々を

浴衣(ゆかた)

浴衣姿は日本の夏の風物詩

浴衣は夏の略装でお祭りや盆踊りなど、今でも着る機会の多いきものですね。

浴衣(ゆかた)とは

浴衣は夏の略装です。平安時代に貴族たちが湯上がりに着た「湯帷子(ゆかたびら)」が起源といわれ、元々は絹で作られたものでした。染色技術の発達した江戸自体元禄年間に華やかな柄が流行、さらにその後の幕府の絹物禁止令によって生地が木綿地になり、現代の浴衣に近いものになったといわれます。

夏の暑いさなかに着用しますので長襦袢を用いません。生地は基本的に平織りの木綿地で、さまざまな色柄のものがありますが、白をベースにしたもの、紺や青をベースにしたものが主流です。浴衣と書くように、一般には夕方以降、湯上がりに素肌に直接着るものとされていますが、肌襦袢を着て着用することで夏のちょっとしたお出かけ着としても着ることができます。

汗をかいても家庭でも手軽に洗濯できることも人気の秘密でしょう。清潔を保ちやすいことから舞踊等の稽古着としても使われています。ちなみにお相撲さんに限っては浴衣が夏の正装とされています。

帯は半幅帯が基本です。帯むすびの手間がいらない作り帯も多く出回っていますので、慣れない方にも楽に着付けができます。また浴衣に合わせる履き物は下駄で、素足に履きます。

染めでみる浴衣

職人の技が光る伝統的な染色のものは、やはり現代的なプリント染色とはひと味もふた味も違う風情をかもしだしてくれます。

有松・鳴海絞り

愛知県名古屋市の有松地区、鳴海地区で生産される絞り染めで、他に類を見ない多彩かつ繊細な絞り染めの技法をもち国の伝統工芸品の指定を受けています。江戸時代初期に九州から尾張へと移住した人々が絞り染めの技術をもたらしたことがはじまりとされる。もともとは藍を主体にした絞り染めでしたが、近年は多種の染料を使って華やかさをだした製品も出回ってきました。( →有松・鳴海しぼりの浴衣を楽天市場で見てみる )

江戸ゆかた

江戸時代に江戸で発展した型染めの一種で藍を主体とした染料を用いることが多い。全体を同じ柄で染め上げる小紋のような染め方。繊細な柄がとても多く、しっとりとした風情を醸し出します。明治以降若干技術が衰退し、従来江戸時代に使われていたような細かい柄は再現できないとされていたが、近年その技術が再現されたものが完成し、人気を博している。( →江戸ゆかたを楽天市場で見てみる )

注染

型染め一種で、熱した染料を糊置きで柄を描いた枠に注いで布地を染める手法で、くっきりした柄から淡い色合いのグラデーションまで多彩な表現を可能にしている。とても鮮やかに染め上がるのと、生地の裏まで染料を浸透させるため裏表がないのが注染の特徴です。もともとは大阪発祥の染色技術ですが、現在では各地に産地があり、大阪の注染の他、浜松注染、東京本染めなどが有名です。( →注染の浴衣をを楽天市場で見てみる )

浴衣(ゆかた)の魅力

浴衣(ゆかた)の魅力はなんといっても気軽にきられること。帯揚げや帯締めや帯留めなどもいりません。浴衣以外の着物に比べて必要な小物類も少ないというのは着ようとする時の敷居を低くしてくれますね。そして着物の中では群を抜いて価格も安いというのもうれしいポイントです。

下駄をカランコロンとならして浴衣でお祭りにというのはやはり

かしこい浴衣のお買い物

帯とセットでの販売も多いので初めての購入なら、まずはセットものの浴衣を買うのがおすすめです。セットものではコーディネートされていますのでセンスも安心です。そして、なれてきたら帯・浴衣別々の購入もいいかもしれません。

着物を買うにはシーズンが大事です。7月にはいると人気商品を中心に品薄になってきますので、ぜひ早めに検討・購入を。4~5月くらいから新商品がせいぞろいしてきます。

値段で選ぶ浴衣(ゆかた)

浴衣の値段は着物のなかではお手頃で、安いプリント製品では数千円程度のものからありますが、手染めや手縫いのものはやはりそれなりに値が張りますね。

女性用浴衣

~5000円     ~10000円      ~20000円     ~30000円     30001円~

男性用浴衣

~5000円     ~10000円      ~20000円     ~30000円     30001円~

女児用浴衣

~5000円      ~10000円      ~20000円     ~30000円    30001円~

  


浴衣 選りすぐりショップ

きもの市場あんのん

高級反物から仕立て上がりのセット浴衣まで幅広い品揃え。高級浴衣地も比較的価格は控えめなのがうれしい。お手頃価格のセット浴衣は比較的現代的な柄のものが多く揃っている。

きもの 和<なごみ>

大人の女性の装いをメインとするお店で、落ちついた色柄の高級浴衣が多い。

おべべほほほ

横浜の老舗呉服店のネットショップ。三勝・竺仙・源氏物語・藤井絞・岡重など、有名染元の高級浴衣が目白押し。お洒落度も高く人気のショップ。

安売り天国とせん

お手頃価格の浴衣、ブランド浴衣を多数揃えているお店。帯のコーディネートをおまかせできるセット商品があるので初心者さんにはうれしい。

utatane

浴衣の品揃えはとても豊富。背の高い方用、小柄な方用の仕立て上がり浴衣も多数揃えている上、その価格もお手頃なものが多い。柄も古典柄、アンティーク柄から現代的な柄ととても幅広い品揃え。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:狸穴猫


ホーム




▲このページのトップに戻る
▲季節と着物へ戻る

着物通販ガイド INDEX