ホーム  »  アフィリエイトの為のSEO  »  やってはいけないサイトデザイン

やってはいけないサイトデザイン

★アフィリエイトサイトはSEOがいのち!

「こうした方が良い」はだいぶつかめてきたかもしれないが

ここにきて、一応やってはいけないサイトデザインについて触れておこう。

検索エンジンからの集客に頼るパーセンテージが大きいアフィリエイトサイトは、検索エンジンに認識してもらえないサイト作りをやったら命取りになる。

当たり前の話なのだが、このあたりは、ホームページビルダー等、HP作成ツールの解説書には載っていないことだ。

 

★フレームページは作成してはいけない。

段組を作るのにフレームは使ってはいけない。

フレームを利用すると、メニュー(インデックス)の記載等にいちいち全ページの書き換えを要しないので便利なのは確かだが、これは検索エンジンに認識されない筆頭の構造なのだ。

(が、HPビルダー等では簡単に作れるので使いやすい)

フレームページはフレーム枠ページとフレーム内容ページで作られている。

検索エンジンはフレーム枠ページをページとして認識してしまい、中身ページは読んでくれないのである。

 

★インラインフレームを使うな。

フレームページと似ているが、インラインフレームも使ってはいけない。

更新情報などの記載に便利なので、つい使いたくなるのだが、これもやめ他方がいい。

インラインフレームの中身はフレームページ同様に検索エンジンは認識しない。

 

★隠しリンクは作ってはいけない。

空白行や微小な画像ににリンクを張る行為はスパム行為と見なされるので作ってはいけない。

「探してみて」等の遊び心のつもりでやったらペナルティ...なんてことになりかねない。

だから隠しリンクは厳禁である。

 

★背景色のフォントは使うな

隠しテキストとしてペナルティの対象になること請け合いなのがこれ。

最近の検索エンジンはスタイルシートもちゃんと読んでます。気をつけましょう。

 

★極小フォントは使うな。

フォントのスタイル属性では基本的に極小フォントは使わない方が賢明である。

特にH1~H3タグにはx-small属性(またはその程度以下の大きさのフォントサイズ属性)を与えると隠しテキスト同様ペナルティとなる可能性がある。

読みやすさがいのちのアフィリエイトサイトと心得ておいたほうがいい。

 

とりあえず、このくらい最低限押さえておい他方が良いというのを挙げてみた。

 

 

タグ:SEOやってはいけないサイトデザイン

投稿者:狸穴猫


見出しタグ(hタグ)を正しく使うホーム表組みのデザインから脱却しよう。



当サイトはロリポップ! のチカッパプランを利用しています。


このサイトは上記ムームードメインでドメインキープしてます。


別サイトですがGMOクラウドのレンタルサーバーも使っています。


▲アフィリエイトの為のSEOへ戻る


筆者の稼ぎ頭ASPです
バリューコマース

これだけは押さえておきたい厳選ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)


バリューコマース

アフィリエイトならリンクシェア
リンクシェア・ジャパン


アフィリエイトはエーハチネット


楽天市場

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
電脳卸

アクセストレード
アクセストレード


TG-アフィリエイト