ホーム  »  アフィリエイト攻略作戦  »  リスティング広告も使いようで集客の手段に

リスティング広告も使いようで集客の手段に

リスティング広告は良質な見込み客を集客する

リスティング広告はグーグルアドセンスや、グーグルやYahooなどの検索結果に「スポンサードリンク」に表示される広告だが、これらをサイトに掲載して稼ぐばかりが能じゃない。

(ちなみに、グーグルアドセンスへの出稿がグーグルアドワーズ広告となる、名前がちとややこしい)

 

アフィリエイトにおいても場合によっては充分に機能する集客手段となりうるのだ。

特に、紹介単価が高いものをアフィリエイトで紹介している場合には有効な場合も多い。

 

仮にリスティング広告で1日100名のお客を集客し、1件のアフィリエイト成果が上がったとしよう。

リスティング広告出稿費用が1000円で1成果が2000円なら...そう、1000円/日の黒字だ。月間にすると30000円の黒字になる。

 

つまりリスティング広告の1クリック単価が低く、アフィリエイト成果の単価が高い場合は十分に広告として機能するわけである。これを使わない手はないだろう。

現に私も一部のサイトで集客の補助手段として使っている。

 

但しアフィリエイトの場合、赤字と黒字の転換ポイントをしっかり見きわめることが重要だ。1ヶ月ほどやってみて、赤字ならとっとと撤退すべきだ。

黒字なら続ければいい。

 

リスティングのメリットは購買意欲の高い客を集客できるという点、検索エンジンの順位にかかわらず集客可能な点があげられる。

 

アカウント開設のための最低費用はYahoo!リスティングで3000円、グーグルアドワーズで500円と敷居は低い。

いずれもオンラインで手続き可能、あっという間にアカウント開設できる。

 

Yahoo!リスティング広告へはこちらからどうぞ

グーグルアドワーズへはこちらからどうぞ

 

アカウントを持っておくと、見積もりツールやキーワードツールなどの豊富なツールを簡単に使うこともできるので、アカウントだけでも持っておいても良いかもしれない。

 

 

アフィリエイト提携先の禁止事項に注意

リスティング広告出稿にあたって、一点、注意しなければならないのは、アフィリエイト広告主との提携条件である。リスティングOKの場合もあるが、NGの場合もある。また、社名や一部キーワードでのリスティング出稿は禁止とされている場合も多い。

この辺はルールを守らないと提携解除になったりするので十分に気をつけよう。

  

 

 

タグ:リスティング広告集客

投稿者:狸穴猫


去っていく訪問客はPPC広告に誘導する。ホーム



当サイトはロリポップ! のチカッパプランを利用しています。


このサイトは上記ムームードメインでドメインキープしてます。


別サイトですがGMOクラウドのレンタルサーバーも使っています。


▲アフィリエイト攻略作戦へ戻る


筆者の稼ぎ頭ASPです
バリューコマース

これだけは押さえておきたい厳選ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)


バリューコマース

アフィリエイトならリンクシェア
リンクシェア・ジャパン


アフィリエイトはエーハチネット


楽天市場

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
電脳卸

アクセストレード
アクセストレード


TG-アフィリエイト